3軸リニア―モータ駆動  
 マシニングセンタ「JF500L」 の概要

 

「JF500L」は X軸 500mm・Y軸 400mm・Z軸 300mm のストロークを有しており、大きな加工ワークに対応可能です。マシニングセンタの心臓部となる主軸は最高回転速度22,000min-1を備え、アルミの高速加工から難削材加工まで幅広く対応します。更に、同クラス立形機に比べ4 割以上の価格低減を実現し、高機能に加えハイコストパフォーマンスをお客様にお約束します。
 

特長

① リニアモータ駆動による高速・高応答の実現
② 長時間の安定した加工品質を提供する高機能とハイコストパフォーマンス
③ 汎用性に優れたBT30主軸(最高回転速度22,000min-1 )を搭載

 

 

主な仕様

・テーブルサイズ:715mm × 450mm
・テーブル最大積載質量:200Kg
・各軸移動量(X × Y × Z) : 500mm × 400mm × 300mm
・主軸回転速度:3,000 ~ 22,000min-1
・モータ・駆動方式:X/Y/Z リニアモータ駆動
・ツールホルダ形式:BT30
・ツール収納本数:16 本 / 21 本( オプション)
・機械外形寸法(幅×奥行き×高さ):1885mm × 2640mm × 2663mm
・機械本体質量:4000Kg

 
 
● 本製品は日本政府の外国為替及び外国貿易法の規制貨物に該当します。● 当社は日本国での販売とメンテナンスサポートを提供します。● 本カタログの写真にはオプションが含まれている場合があります。● 不断の研究により予告なく仕様の変更を行う場合があります。● このカタログの記載内容は2018年6月現在のものです。